水泳は消費カロリーが高く、バランスよく鍛えられる

水泳は消費カロリーが高く、バランスよく鍛えられる

ダイエットを始める際、食事制限だけではなく運動を取り入れる人は多いと思います。

 

運動することで体脂肪が燃え筋肉もつくので、ただ食事制限で痩せるよりメリハリのある綺麗な体になれそうですよね。ただ、運動の消費カロリーは思ったより少なく、例えば1キロの脂肪を燃やす為には約7200キロカロリーが必要だとされます。

 

そしてこの7200キロカロリー、例えば体重50キロの人が10キロ走ると約500キロカロリー消費しますので、1キロ減らすにはなんと144キロも走らないといけないことになります。フルマラソン約3.5回分です!気が遠くなりそうですよね。
そこで、ダイエットにおいては「消費カロリーの高い運動をしよう。そうすればできるだけ早く痩せられる」と考える人もいるはず。消費カロリーの高い運動というと、まずは水泳が挙げられます。

 

水の中では抵抗があるので自然に消費カロリーは大きくなり、かつ全身運動でもあるので全体的にバランスよく鍛えられるというメリットもあります。

 

ただ、水泳は消費カロリーが高い分疲労感も強く、気をつけないとついつい食べ過ぎてしまったり、また冷えを防ぐため水泳後にお風呂で体を温めるなどのケアをする必要があります(体が冷えると皮下脂肪が溜まりやすくなるので、冷えはダイエットの大敵なのです)。

 

また、水泳ダイエットの失敗談として挙げられるのが、効果が出ないので1ヶ月程度でやめてしまった…というもの。

 

さらに、週に1回程度というのもなかなか効果が出づらいです。できれば週に3回程度、そして期間は3ヶ月以上は続けてみて下さい。
ある程度の期間続けることで筋力が付き、基礎代謝も上がってきます。

 

これは水泳ダイエットに限りませんが、短期間で痩せた場合はリバウンドも短期間で起こりやすいものです。長いスパンで見て長期間続けることで、段々太りにくい体になってゆくのです。

 

すぐに結果を求めたりせず、かといってペースを崩さずに地道に続けていくことで必ず効果は出ますよ。