病院で受けられる4つのAGA治療方法

病院で受けられる4つのAGA治療方法

多くの男性の薄毛原因であるといわれているAGAを改善する有効的な方法であるとされているのが、専門の医療機関での治療です。しかし専門クリニックでの治療といっても一体どのようなことをするのかわからないという方も少なくないでしょう。

 

専門クリニックでの治療方法は主に4つ

 

AGA専門のクリニックで受けることができる治療方法は、主に4つに分けることができます。

 

その中でも最もポピュラーな方法といえば薬を使った方法でしょう。薬にもAGAの原因となるジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼを抑え込む効果が期待できるフィナステリドが配合されたプロペシアなどの内服薬もあれば、毛の成長を促すミノキシジルなど頭皮に直接塗布する外用薬もあります。最近ではプロペシア以上に強力であるとされるザガーロが注目されていたり、ジェネリック薬も登場するなどクリニックによって使用している薬が異なるといったことも少なくないでしょう。

 

薬を使った方法以外にも頭皮にミノキシジルやヒアルロン酸を注入する育毛メソセラピーや、幹細胞から抽出した成長因子を注入するHARG療法、人工毛や自身の髪を埋め込む植毛などを実施しているクリニックもあります。

 

それぞれの方法にデメリットがある

 

医療機関で受けることができるAGAの治療法は、それぞれ効果的に作用してくれる一方でデメリットもあります。例えば薬を使った方法の場合には副作用のリスクが確認されていたり、育毛メソセラピーやHARG療法は治療費がかなり高額になるといった点です。植毛に関しては人工毛を使うと拒絶反応が出る可能性があったり、自毛の場合には本数が制限されることもあるといった点がデメリットとなるでしょう。

 

治療費も確認しつつ検討を

 

AGA治療はどの方法も保険適用外であるため、治療費がかかるという点に注意する必要があります。
しかし自身の頭皮の状態に合わせた治療ができたり、様子を見ながら進めていくことができるというのは魅力的なポイントとなります。
本気で薄毛治療をしたいのであれば治療費などを確認し、専門クリニックでの治療を検討したいものですね。